ニキビ跡のお悩みとそれに対してやってみたことを5つ集めてみました!

 

ニキビも嫌ですけど、ニキビ跡は、消えるまでにかなりの時間を要するので、本当に困りものです。。

 

そんなニキビ跡のお悩みと、それに対してやってみてよかったことを5つ集めてみました!参考にしてみてください(^^)

 

 

ニキビ跡が隠れるファンデはこれ♪(Y・Uさん)

 

鼻と頬にニキビ跡、毛穴の開きが気になっていました。

 

メイクの時はマジカルグロウスティックファンデーションを塗ってからメイクすると目立たなくなり綺麗に仕上がります。

 

スキンケアでは、お風呂上りにはナビジョンGGエッセンスを塗ってます。これを塗ってから皮脂汚れが減ったと思います。

 

また、月に一度洗顔とピーリングが一緒に出来る物をお風呂で使用しています。一時的かもしれませんが毛穴が綺麗になります。

 

ニキビ跡や毛穴の開きは簡単には消せれないし治りません。ですがこれらのことを試してきたら時間はかかりましたけど少しづつ気にならなくなってきました。

 

ニキビ跡が濃く、色素沈着してしまったところはシミに効くサプリメントを5、6年飲み続けてやっと少し薄くなってきました(T_T)

 

あとは先ほど言ったお風呂でのピーリングが効いているのかなと思います。

 

外から、内からがんばりました!(K・Tさん)

 

前職が病院勤務だったため、毎日マスクをしていたことでフェイスラインにニキビが一気にできた時期がありました。

 

皮膚科に通院してなんとかニキビは治ったのですが、一度にたくさんできたことや、治っていない間も毎日マスクをしなければならなかったせいか、赤茶色のニキビ跡がいくつか残ってしまい、とても悩みました。

 

最初は隠すほうに力を入れてしまったため、お化粧が厚塗りなり結果的には肌荒れ自体を余計に悪化させてしまいました。

 

ですのでそれからはケアを意識して行いました。ニキビ跡専用の市販薬を使用したり、スキンケア用品だけでなくコンシーラーやファンデーションなど化粧品も成分を調べて肌に良いものや美白効果のあるものを使用するようにしました。

 

また、染み付いた跡をしっかり消すためには肌の土台を変えたいと思ったので、乾燥しないようミストを持ち歩くようにしたり、美鍼灸や運動にも挑戦して内側からの肌改善を意識しました。

 

トータルケアの甲斐もありニキビ跡はきれいに消え、今はお肌の調子が良いです。

 

サプリ+化粧水+睡眠(pittyさん)

 

私は顔の頬から顎にかけてニキビ跡があります。ぱっと見の印象としては、目と鼻とおでこ以外全てニキビ跡といってもいいでしょう。

 

ニキビ跡の種類は赤いぶつぶつになっている状態です。中には茶色に色素沈着してしまったものもあります。

 

ニキビ跡も改善したいですが、私の場合は肌そのものが敏感なのでとても厄介です。

 

そのためカバー力の強いファンデーションや、ニキビ跡に効くと言われるビタミンC誘導体の入った化粧水を使うと肌が荒れてしまって、ニキビ跡とさらに肌荒れという悩みを抱えることになってしまっていました。

 

そんな私が唯一、敏感肌にも問題がなくニキビ跡も少しづつよくなっていくことの出来たアイテムは2つ。

 

1つ目はビタミンとミネラルの美的ヌーボプレミアムプラスを毎日飲むこと。

 

これは体の中からビタミンやそのほか栄養が摂取できるので、肌に刺激を与えることなく効率的にビタミンをとることができました。

 

そして2つ目がアルージェのトラブルリペアリキッドという化粧液。

 

こちらは名前の通りトラブルを改善してくれる化粧液です。刺激も全くなく、日に日に改善が見られました。

 

そして何より大事なのはやはり、睡眠です。

 

なかなか難しいですが、22時に寝る場合と24時に寝た場合の翌朝のニキビ跡の赤みには雲泥の差があります。

 

22時に寝られる日はなるべく寝るようにしています。

 

ケシミンクリームで!(ゆーちゃん)

 

私は、性格からかニキビができたときに触らずに我慢することができません。なので、ニキビができる度に指で潰してしまったりかいてしまうことで、ひどくなって傷になり跡ができてしまいます。

 

大抵のあとは徐々に薄くなっていくのですが、よくできる場所はさすがに跡が残ってなかなか消えません。

 

顎のラインとおでこによくできるのでそこは黒っぽくなってしまいました。今は、ピーリングジェルを使った後、しっかりとした保湿をして少しでもはやく肌のターンオーバーが行われるようにしています。

 

また、ケシミンクリームとメラノCC美容液などのシミにきくクリームや美容液をピンポイントで使っています。結局、ニキビ跡はシミなのでこの方法で少しは薄くなっています。

 

それでも、また同じところにニキビが出来ることが多いです。また、傷つければ跡がまた濃くなるとおもうので、最近はニキビができると薬を塗って絆創膏を貼り、触らずにはやく治るように心がけています。

 

これ以上ニキビ跡が増えませんように。

 

シンプルケアを徹底しました(Yuiさん)

 

初めて顔のニキビが出だしたのは、小学6年生のころ。

 

最初はあまり気にしていませんでしたが、中学に進むとそれはさらに酷くなり、俗にいう思春期ニキビの時期がやってきました。

 

私のニキビは主に赤ニキビが主で、すぐ熱を持ち、膿んでしまうものが大半でした。

 

触らないようにしていても、笑うと痛いことがおおく、ついついかきむしってしまったり、潰してしまったりしていました。

 

その後、現在に至るまでニキビにずっと苦しめられ、中学時代につぶしたニキビの跡が今になって私を苦しめています。

 

一番大きいのは小鼻の横のもので、かなり大きく、ニキビ跡というよりもピアス跡のようにはっきりと残ってしまっています。

 

また、頬の両側にあるニキビ跡は色素沈着と赤みが出ており、化粧をする際にはコンシーラーとカバー力のあるファンデーションが必須です。

 

最近は素肌感のあるメイクが流行っていますが、ニキビ跡のせいでそれもできません。

 

しかし、最近になって、ハトムギ配合の石鹸で洗顔をし、なるべくシンプルなスキンケアを行うことにより、ニキビ跡はだいぶ改善されてきています。

 

たくさんのスキンケア製品を試しましたが、私には結局「自分に合った成分・ハトムギを使った石鹸」+「敏感肌用の化粧」+「敏感肌用の乳液」という簡単なスキンケアが一番合っていました。

 

それに加え、十分な睡眠をとることで、今では塗り薬などを使わずともニキビが出づらくなり、肌のハリが出、キメがこまやかになり、ニキビ跡もそれに伴って薄くなってきました。

 

また、普段の食事にビタミン剤をプラスしてとることも効果的でした。

 

肌のサイクルをシンプルなケアで整えることが、ニキビ跡改善の近道だと、24になってようやく気づいたところです。

 

>>ニキビ跡をすぐにどうにかしたい!という方はトップページにて♪